投稿

11月, 2017の投稿を表示しています

腰痛

一週間ほど前から違和感があったのですが、昨日はズキズキ痛むまでになってしまいました。きょう整形外科に行って診てもらいました。一週間分の薬と湿布薬をもらってきました。きょうは、だいぶ楽になりました。なにぶん座っていることが多い仕事なので、毎日ヒマをみつけては、散歩に出るようにしていたのですが、最近では風邪をひいたりしてそれもサボっていたので、運動不足が原因かもしれません。

一足早く

イメージ
12月3日のアドヴェントの前ですが、牧師館では一足早く、クリスマスの飾り付けをいたしました。写真は、窓と玄関にそれぞれ取り付けたものです。

クリスマスリース

イメージ
妻が制作したクリスマスリースです。牧師館の庭に咲いていたアジサイをドライフラワーにしたものを使って作りました。昨日完成しました。

偶然の一致

きょう水曜日は、祈り会がありました。私が牧している教会では毎週水曜日に祈り会があります。きょうの奨励担当は、執事のK姉妹でした。彼女は、今年の9月にベトナムに行ったときの話を交えながら、マタイによる福音書5章21節から26節の御言葉をもとに「ゆるし合う」というテーマで話をしてくれました。私は事前に彼女がどのような話をするのかはわかりませんでしたが、彼女の奨励を聴いて驚かされました。なぜなら、祈り会の始まるほんの30分程前に偶然テレビでベトナムの観光に関するテレビ番組を妻と観たばかりだったからです。偶然とは言え面白いことだと思いました。誰かのことを思い浮かべて「~さんはどうしているかなあ」と考えたりしているときなどに、その本人から電話がかかってきたりすることがあります。こういう体験をした人はいらっしゃるのではないかと思います。このことを心理学用語で「シンクロニシティ」というのだそうです。このことを聖書的にどう考えればよいのかよくわかりませんが、これもきっと「神様のお導き」ということなのだと思います。私たちが気づかないだけで、このようなことはよく起こっているのだろうと思います。

冬本番

きょうは、朝からかなり寒い一日でした。雪らしい雪はまだ降っていません。苫小牧に引っ越してきて間もなく一年になろうとしています。「苫小牧は、雪は少ない。竹ぼうきで掃く程度だ。」と引っ越す前に聞いていましたが、ふたを開けてみたら、連日30センチ以上降る日が続きました。今年の冬はどうでしょうか。

クリスマス

礼拝のあと教会の婦人たちが、クリスマスカードづくりをしました。もうすぐ待降節ですね。今年のアドベント(待降節)は12月3日からです。きょう郊外にあるショッピングモールに行ったら、クリスマスセール一色でした。私は、ノンクリスチャンの家庭に育ちましたので、子供の頃は、クリスマスと言えば、プレゼントをもらい、ケーキが食べられる日だとばかり思っていました。クリスマスは、キリスト教信者が圧倒的に少ないこの日本で、まがりなりにもキリスト教について関心を持ってもらえる貴重な機会ですから、地域の皆さんにクリスマスの本当の意味を知ってもらえるように努力して行きたいと思っております。  「降誕祭(ワイナハト)待つ燭こよひともすなり」 山口青邨

ナナカマドの実

イメージ
きょうの午後に妻が、近所でナナカマドの木に実がなっているのを見つけ、写真に撮って来てくれました。

コラボ

きょうのお昼は、妻と外食しました。妻は、「マルゲリータピザ」、私は「スパゲッティボンゴレ」を頼んで、美味しくいただきました。そこは、最近できたお店でパンも売っています。内科の病院の建物の中にテナントとして入っています。病院とレストランのコラボは面白いと思いました。

ハチ

イメージ
冬になると花が少なくなるので、蜜を求めて毎日のように牧師館前の花壇に植えられている花に蜂がやってきます。

宣教の業が前進するように

きょうは、札幌で伝道局の理事会がありました。伝道所は、いまさまざまな困難を抱えておりますが、それぞれの地で牧師や教会員の皆さんが礼拝の場を守るために日夜懸命に働いておられることを知り、なんとか宣教の業が前進するように祈らずにはいられません。私たちもなんとかそのことにお役に立てるように力を尽くしてお仕えしたいと思います。

プリザーブドフラワー

イメージ
写真は、妻が毎月札幌で習っているプリザーブドフラワー教室での最新の作品です。クリスマスリースです。

少々悩みました

タイトルにある「ナナカマド」は、私が住んでいる苫小牧市の木に指定されています。ブログを始めるにあたって、このブログのタイトルを何にすべきか少々悩みました。「~牧師のつれづれ日記」「田舎牧師のつぶやき日記」というのも考えたのですが、どれもすでにどなたかが使われていたので、このタイトルにしました。私は、ブログというのは初めてなので、不手際がありましたら、どうか寛い心でおゆるしください。
 ところで、先週から不覚にも風邪をひいてしまい、昨日の礼拝では、ときどき咳き込みながらの説教で会衆の皆さんに申し訳ないことをしてしまいました。本当に申し訳なく思っております。これからは、より一層厳しく健康管理につとめまいりたいと存じます。

はじめまして

はじめまして、よろしくお願いいたします。